ハリヤマとチビバック

 作ってしまいました、ハリヤマ!針山です、針を刺すやつ。何を隠そう、私は中学時代の手芸箱を今までずうっと使ってきまして、小鳥が描かれた青いフェルトの、あの古臭~い針山とはかれこれ15年ほどの付き合いになるのでありました。。。
 その愛着のある(?)針山を引退させようと決めた理由は、最近始めたクロススティッチ。かわいい絵柄をチクチク刺繍していく楽しいひと時に、あの青いフェルトに針を刺す度、その古さというか、ダサさというか・・・何ともいえない昭和の香りを日に日に見逃せなくなっていったのであります。。。
 コロンとしたかわいい針山をかぎ針編みの本で発見して、賞味2日で完成!途中市場へ生地を買いに走ったり(こう書くとチュラチュラチュラチュラ~♪って感じだなぁ)、中につめる綿(わた)を友達から分けてもらったりと、少々苦戦もしたけれど、自分が気に入った物をちょっとこだわって作るのってやっぱり楽しい。新しい針山のお陰で、チクチク刺繍の時間がまた一段と楽しくなったぞっ。
 編み物の新作をもう一つ。12月の一時帰国で買ってきた毛糸を使って編んだチビバッグ。毛糸なので荷物を入れるとビヨ~ンと伸びちゃうから、中に紺色の花柄生地で作った袋をつけ、持ち手にもリボンを通しました。マンション内を子供を追いかけながら走り回るときの、携帯&お財布入れにぴったりです。
 ところで、針山の綿の中心にロウソクの蝋(ろう)を削って入れると、針がさびにくくなるって知ってました?綿を分けてくれた手芸好きな友達から聞いたんだけど。針が毎回蝋に触れて、さび止めになるんだって。豆知識だ~。
画像画像

この記事へのコメント

あーちゃん
2009年01月25日 23:10
青いフルト地に鳥の絵柄の針やまねえ、まだ大事に持っていたの?覚えてます。あーちゃんも洋裁とかミシン掛けは2階でするんだけど、1階の台所の棚にちょっとボタン付けになんかに使う予備の洋裁箱おいてあるの。36歳になるともちゃんが中学生のとき使っていた洋裁箱です。中身はいちいち、ともちゃんの名前が付いてます。可愛い針山作りましたね。また物持ちの良いママのことです。またずっとこれ使うんでしょうねえ。「ジャカルタにいた時作ったのだ」とずっと先また思い出すのでしょう。お互い物持ちいいねえ。
ゆうくん
2009年01月30日 20:12
どんどん手芸上手になるね!
編み物の出来ない私にとって、憧れの作品です。
新しい作品楽しみにしています
かずママ
2009年01月31日 10:30
あーちゃん。覚えていますか、あれ。特に不便ではないしずっと使ってたんだけどね。新しいの作ったのにまだ捨てられず棚の中です。
かずママ
2009年01月31日 10:32
ゆうくん。少しは腕上がったかなぁ。初めて編み物教室行ったときは、皆が「続かないだろうなぁ」と思うほどひどかったんだけどね。また作ったらのせまーす。

この記事へのトラックバック